毎月のように呼ばれる結婚式での出費が家計を圧迫…

専業主婦時代に最もお金に困ったとき…それは、私の場合は「結婚式」でした。
冠婚葬祭は全般にお金が必要なものですが、結婚してから、夫婦で結婚式に招待される場合の出費が、いつもキツかったものです。
俗にいう「寿貧乏」という状態だったんです。

「結婚式のピーク」は20代後半から30代前半に来ました。
夫婦で呼ばれた場合、
・ご祝儀3~5万前後(会費制の結婚パーティーだと比較的安め)
・二次会1万円前後
・美容院
・必要に応じて服や小物、タクシー代
と、何も買わなくても最低4万円前後の出費が確定します。
これで結婚式が行われるのが遠隔地だったりすると、さらに移動費数万円がプラス。
相手によっては、別途お祝いの品やお金を送ることもあります。
そのため、結婚式があると、5~10万円ほどのお金が1日で飛んでいくわけです。
1か月に2回出席した月も複数ありますし、10か月毎月夫婦で結婚式に出席したこともありました。

夫は貯金のない状態での結婚でした。
そんな状態で毎月結婚式に出ていたら、赤字になるのは分かっていたかと思います。
しかし、お金の話をしてくることはなく、まだ新婚だったために私も言い出せずで、こっそり穴埋めをする日々が続いていました。

当初は専業主婦予定で結婚しました。
しかし無理でした。
結婚後、しばらく体調を崩して休んでいたあいだだけが、専業主婦でした。
結婚してすぐのころは特にお金がなく、クレジットカードのキャッシング枠を使ったこともありましたし、カードローンを組んだこともありました。
体調が良くなってからは、転職などのタイミングで数か月無職になることはありましたが、基本的には、ずっと働いていました。
それでも結婚式が続くと、すぐに赤字へ転落でした。

年齢を重ねるうちに、ようやく結婚式に呼ばれる回数が減りました。
今では1年に1回あるかないかとなり、以前よりはだいぶ楽になりました。
自分も結婚式をし、お祝いしてもらったため、呼ばれたら極力出てお祝いをしたい、と当時は必死でした。
お祝い事は大好きです。
結婚式は見ていると幸せな気持ちになります。

しかし家計には厳しい行事です。
親戚も友人も多かったことから、断れないものばかりでした。
何件かでも断れば良かったかもしれませんが、できませんでした。

相手のタイミングで行われることなので、こればっかりはどうにもならない、と今でも思います。
ただ、もう少し間隔が空いていたらな、とも思います。

たいていの結婚式に良い思い出があり、出席してよかったと今でも思っていますが、正直なところ、すごく大変でした。

それ以外でも、子供に恵まれず不妊治療をしているんですが、これまたお金がかかります。
不妊治療お金がない
そこでも痛い出費があります。
赤字になった時には、カードローンを利用してみてもいいことがわかったので、ピンチになった時は考えてみようかと思っています。

続きを読む

露出の増える季節の悩み ナマ足に自信がない

身体の中で1番脱毛したい部分は、膝下です!

露出が多い季節が、毎年憂鬱です。

元々薄毛の方や、産毛程度にしか毛が生えていない方は、脱毛ワックスやカミソリなどでも処理出来るかもしれませんが、剛毛女子にはそういったケアは逆効果です。

私は、普段ソイエの脱毛器で全身の脱毛をしていますが、肌が乾燥しやすく皮膚も薄い為、処理後は保湿などを丁寧にやってもポツポツと毛穴の周りに赤みが残ったり、埋没した毛は特に処理するのに苦労します。

剃り残しのない、色白でキレイなナマ足の大人女子などを見かけると、ついついコンプレックスで素敵だなーと目で追ってしまいます。

脚フェチという言葉があるくらい、男性目線で見ても、美脚ラインとムダ毛のないキレイな脚は、やはりいい女の必須条件のような気がします。

膝下の脱毛がしっかり出来れば、ショートパンツやミニスカートなども堂々と履けますし、レギンスやタイツなどでナマ脚を隠さなくても済むのです。

冬ならば、分厚いタイツやレギンスを毎日履いてもあまり不自然さはありませんが、夏場だと見た目にも暑そうだなという印象がありますし、男友達や夫などからも、女性のレギンス姿は1番意味のわからないファッションというか、ださく感じるなどという意見などもよく聞きます。

女性陣も、私のように出来ることならナマ脚を出したい!と切望しつつも脚の脱毛処理に自信がなく、脚なんか出せないよという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

最近では、光脱毛やレーザー脱毛、ワックスやクリーム脱毛、自宅で簡単に出来る脱毛器具を使って処理している方もいらっしゃると思いますが、カミソリなんかは特に脚に傷をつけてしまったり、その傷痕も治りにくくて目立ったりはしませんか?

そうなると、あからさまに脱毛して失敗しました!という印象を他人にも与えてしまうので、ますます気分が落ち込みます。

膝下が気になって、ついつい隠してしまうと、さらに日焼けもせず白い肌に黒い剛毛が…。
本当に気になります。
永久脱毛してしまえば、この悩みから解放されるのに…。
美容クリニックに通ってる友達も多く、行きたいけどどうなんだろうととても気になっています。
一度、紹介してもらって見てみたいですね。
あとは費用がどのくらいかかるのか…。
比較しているサイトがあったので、気になる方はコチラ⇒膝下脱毛安い

半永久的にこの煩わしさから解放されたい!と思うのは、きっと私だけではないでしょう。

続きを読む

専業主婦でも手軽に利用できるキャッシング

専業主婦歴もうすぐ10年を迎える者です。
ほとんど毎日お金のことについて考えています。

どうしようもない時には専業主婦でも手軽に利用できるキャッシング(※専業主婦キャッシング)に助けられて
ピンチを逃れています。
キャッシングと言えど、消費者金融ではなく安心の大手銀行から借りています。

我が家はなぜ生活が苦しいかと言うと
まず、一番の原因はうちは年の差夫婦であることです。
年の差夫婦なので夫のお給料はそこそこ頂いているのですが、子供が大学に行く頃には定年を迎えているので、老後資金とともに子供の教育資金を貯めなければいけないのですが全然貯まっていません。
家を購入したのですが、当初の購入予定金額よりも1000万円位オーバーしました。
その時点で止めればよかったのですが、夫がとても気に入ってこれ位ならいけるとゴーサインを出しました。

そして、結婚してからしばらく2馬力で貯めた頭金と諸費用が殆どなくなりました。
私は割と若く結婚したのですが会社勤めは数年していたので、その気になれば実家暮らしだったこともあり沢山貯められたはずでした。
なのに全然貯金もなく結婚してしまいました。
夫も年のわりに全然貯金が無くて結婚式や新居の色々で使い果たしてしまいました。

一度働こうと思って短期のバイトに出たことがあるのですが、子供たちが休みの日に働きに出ていたので子供たちが非常に嫌がってしまい、ほどなくして続ける事を断念しました。
かと言って、平日子供たちが学校や幼稚園に行っている間に働こうとしたら夫の猛烈な反対に遭いました。
せめて下の子が小学校3年位になるまでは家に居てあげて欲しいという願いと、うちの子は風邪を凄く引きやすくしょっちゅう学校を休むので、職場にご迷惑が掛かってしまう。
この二つの理由です。
そして今の所専業主婦をさせてもらっています。

しかし、学校は未だ給食費位ですが、幼稚園は毎月40000円位掛かります。
そのほかに習い事もしていて兄弟で合わせると考えたくない位掛かっています。

これでも厳選して習い事をしている方ですが、どうしてもやりたい習い事を1年以上お願いされて一つは凄く高いものをやっているのでこれが家計を圧迫しています。

しかし、こんなにお金が掛かるとは思わなくて夜は将来の事を考えてドキドキするときもあります。
いますぐにフルタイムで働いた方が良いレベルかもしれません。

続きを読む

とにかく生きていくには金が必要

人生生きていくには金がかかります。
当然の事ではありますが働いて稼ぐには限界を感じるのも事実です。
だから皆、パチンコしたり競馬をしたり競艇したりとギャンブルをするわけです。(もちろん皆ではありませんが、好きでやってる方もいらっしゃる)
宝くじを買って夢をつかもうと方もいらっしゃいます。しかしながらそのギャンブルをするにもお金がかかります。それをする資金は本業での儲けからです。

1人で生活している時は自分1人のお金だから、好きに使えて貯金をしようが何に使おうが自由なわけですが、やはり結婚してからが大変ではないでしょうか?
2人で生活するにはまだまだそんなに悩むことは少ないかと思います。
しかしながら子供が産まれたらいっぺんに激変しますね。オムツ代、ミルク代、オモチャ代にその他もろもろとお金がかかります。それが2人、3人と増えていくとより一層出費がかさみます。
でも子供がいるという事は楽しいですよ。子は宝です。

ここで問題になっていくのが、普段働いている会社ではなかなかお金が稼げないという事でしょう。もちろん大手企業さんとかに働いていれば昇給もあり、賞与もあり中小企業と比べるとしっかり稼げてそして役員にまでなると生活にも余裕があるかと思いますが。働いている人の半分くらいは余裕はないと思います。
私は結婚を機に看護師の仕事を辞めてしまいましたが、看護師はパートでも時給が良いので肉体的にはしんどいですが復職することにしました。
昼のパートでも雇ってもらえるんですね。
高松市の看護師求人をこのサイトで見つけましたよ(o^―^o)⇒※看護師求人高松

子供が進学すればもちろんお金がかかりますしまた生活(1人暮らしなど)するにもお金がかかります。それが2人、3人となると親は大変です。そして家のローンに車のローンなど親はがんじがらめ!夫婦の喧嘩の原因の大多数はやはりお金がらみの話だと私の周りでもよくあります。
子供にはやりたい事をやらせてあげたい!素晴らしい大人になってもらいたい!夢をつかんでもらいたい!と親はそう思うものです。

私の子供は少年野球をしています。ユニフォームにグローブにスパイクにバットに・・・
野球は道具を多く使うのでお金がかかりますね。そして試合に遠征に、身体を大きくするためにゴハンをいっぱい食べさせてそしてプロテインにと。1人の子供で結構金がかかりますね。
とにかくお金がかかることをいっぱい書きましたが、子供は宝であり財産です。しかしお金がかかるので仕事を一生懸命頑張りたいと思います。

続きを読む

初めてのアルバイト

誰でも経験したことがあるアルバイト。
私が初めてアルバイトをしたのは小さな楽器屋でした。

かねてから音楽がとても好きで、音楽に何か関係のあるアルバイトをしたいなぁと考えかなり楽観的に決めました。
私がアルバイトをしていた楽器屋は、主にピアノ・楽譜の販売と、音楽教室の運営をしていました。

レジ打ちも全く判らない状態で入ったのでしばらくは覚えることが多く、てんてこ舞いでした。
お客様に楽譜を探していると言われても、その楽譜がわからず他のアルバイトの方や社員の方々に本当に迷惑をかけていたと思います。

仕事に慣れてくると、お客様や音楽教室の先生方とお話する機会が増えました。

実を言うとあまり接客が得意ではなく人見知りだったのですが、店頭で接客しているとお客様や先生方の笑顔が嬉しくて少しずつ人見知りも解消されていきました。

しばらくすると先輩のパートの方が商品の陳列が汚い、商品が出ていない、と注意をしてくるようになりました。

視野が狭かったと反省し、陳列や品出しもしっかりとしようと心がけていたのですが、シフトがかぶると毎回、昨日は忙しかったの?と遠回しに品出しや陳列について言われる様になりました。

何がダメなのかと訪ねても「全部」と言われる始末で、そのあたりから心が折れ始めました。

ピアノも好きで音楽教室の運営も楽しかったので、見返してやる!と思いがんばっていたのですが、結局そのアルバイトはやめてしまいました。

仕事内容に不満はなく楽しかったので、人間関係って大切なんだなぁと考えさせられました。

しかしこの接客の経験で、人見知りを解消することもできましたし、知らなかったことをたくさん吸収することができたので良い経験だったと思います。

続きを読む